らみぃちゃ(ボーっと生きる)

ボーっとしててもなんとかなるサ☆彡

シニア女子 就活について考えてみる

こんにちは。ラミーチャです。

 

私は既に定年退職をし、それを機に地方に移住し、

現在は貯金を切り崩してボーっと生きています。

未だ気力体力は充実していて、今はエネルギーを持て余している感じです。

自分でも何やってんだ‼と思います。

そうだ!仕事をしよう。

年が明け2022年を迎えた所で、就活を試みました。

ずっと事務職でしたが、自分自身の中で事務仕事はやり切った感じがあるし、

全く違う事に挑戦したいという気持ちがありました。

チャレンジ その1

そこでハローワークでデイサービスの調理担当を紹介していただきました。

昼食を温める作業とおやつを用意する作業で、調理場経験が無くても

簡単に出来るとの事だったのでチャレンジしました。

しかし先方の担当者と話をしてみると、一人で15~16名程度のお味噌汁を

作らないといけないとか、休むとフォローする人がいないとか、

なかなか難しいと思いお断りしました。

チャレンジ その2

次に求人情報誌でパン屋さんのパートを見つけました。

「年齢、経験不問」とあったので電話をしてみました。

サンドウィッチなどの調理パンに携わるには、やはり調理場経験があるか、

相当調理の腕に自信があるかでないと務まらない。

レジ担当も機械操作は覚えてもらう事がたくさんある・・・・と言われ

遠まわしに「経験も無い&年齢的にもあなたには無理ですよ‼」って感じです。

だったら「年齢・経験不問」なんて書かないでほしいなぁと、

自分の無能を棚に上げて求人誌を睨み付けました(笑)

 

玉砕はしたが・・・

当たり前ですが、求人を出しているのは即戦力を求めている訳で、

経験を積ませてあげようとは思いませんよね。

シニア女子が経験のない仕事に就くのは難しいと感じましたね。

それでも経験なしで無能なシニア女子でも、雇ってくれる奇特な職場を

もう少し探してみようと思います。。。甘いかなぁ⁉

 

シニア女子 今年も初日の出を拝む

新年明けましておめでとうございます。

年々一年が短く感じ、ついこの前新年のご挨拶をしたような気がしています。

 

さて、毎年元旦恒例の初日の出を拝みに行きました。

実家から15分くらいの場所です。

マスクに毛糸の帽子、厚手のダウンコートを着て防寒対策は万全にして出掛けます。

 

まずは日の出前の富士山です。

写真はぼんやりと写っていますが、薄紫に彩られた空と相まって美しいです。

初日の出はもちろんですが、この富士を観るのも元旦の楽しみです。

f:id:lamicia:20220107155154j:plain

 

 

そして2022年の初日の出です‼

皆が健康で楽しい一年となりますように。。。

今年こそ新型コロナウイルスが収束し、みんなでお酒が呑めますように。。。

f:id:lamicia:20220107154416j:plain

水平線から昇る太陽は神々しく、有難い存在です。

太陽は一旦顔を出したら、あっという間に昇ってしまいます。

手を合わせて健康を祈願し写真も撮って・・・大忙しです。

初日の出は毎年の恒例行事ですが、毎年違った写真が撮れます。

普段は思うことの無い「一期一会」を感じますね。

もっと大切に生きなくては・・・毎年反省。

 

近くの神社に初詣

田舎の小さな神社ですが、こちらにも初日の出の後参拝します。

健康でいられることへ感謝の参拝です。

f:id:lamicia:20220107160729j:plain

ド田舎の小さな小さな神社ですが、早朝から大勢の人が参拝していました。

若者が多かったのは驚きと同時に感心しますね。

神仏に詣でようという心は大切だと思います。

 

自慢の海岸線

私の実家のある場所は本当にド田舎ですが、この海岸線は誇れる美しさだと思います。

f:id:lamicia:20220107161701j:plain

サーフィンやウインドサーフィンの人達も大勢集まります。

極寒強風の海に入って何が楽しいのだろう⁇と、素人は思いますが。。。

 

帰路につきます。

富士山を観て、初日の出を観て、神社に初詣して、かなり歩いて腹ペコです。

早く帰ってお雑煮をいただきましょう💗

 

 

シニア女子 家吞み②

コロナ感染者が少なくなって外食の機会もありますが、家吞みも欠かせません。

ある3日間の家吞みメニューです。

 

粗食すぎて笑っちゃいます。

●1日目 ⇒ ビールのあと焼酎ロック

f:id:lamicia:20211219164124j:plain

・トマトと卵炒め・・・ただただ一緒に炒めただけ

・キャベツとベーコン・・・電子レンジで熱して、塩と黒胡椒で混ぜただけ

・チーズとツナとトマトのアヒージョ・・・アヒージョは何の具材でも

 アンチョビペーストを使えば簡単で美味しい。

・切り干し大根の煮物・・・たまに作り置きします。

 

●2日目 ⇒ ビールのあと焼酎ロック

f:id:lamicia:20211219164147j:plain

・キャベツとカニカマのサラダ・・・キャベツをレンジで温めて、カニカマ、

 マヨネーズ、すりごま、ごま油、めんつゆ、黒胡椒で混ぜただけ

・切り干し大根の煮物(作り置き)

・麹漬けの鯖焼き・・・ゴミの日の前日は鯖焼きを食べます。

 魚は鯖とか鯵とか秋刀魚とかの青魚が好きです。

 ゴミ出しの前日食べるのは骨とか皮とかのゴミが残ってると

 家の中が鯖焼きの臭いも残ってしまうから。

 

●3日目 ⇒ 熱燗 (この日は寒くて初めから熱燗)

f:id:lamicia:20211219164206j:plain

・大根の皮のきんぴら・・・皮を捨てるのはもったいないから。

・大根の煮物・・・出汁だけで煮てる

・キャベツとカニカマのサラダ(昨日の残り)

・湯豆腐・・・寒いし熱燗にピッタリ

 

つまみの写真を見て反省

三日間ともキャベツを食べていますね。。。

キャベツや白菜は丸のまま買う方が、経済的で日持ちして良いのですが、

何日も何日も同じ食材を食べなくてはいけなくて、手の込んだ物は作りたくないし、

レパートリーも少ないので困ります。

なのに、何種類ものつまみが欲しいのです。

家吞み用のあてを作るので、お料理は好きな方だと思いますが、

とにかくたくさんの材料や調味料を使わず、適当で簡単に出来上がる物がいいですね。

 

ブログや料理本で紹介されている方々は、材料や調味料の量も調理行程も

しっかり書けていて、本当に素晴らしいなぁと思います。

いつも参考にさせていただいております。

退職して時間に追われる事がなくなり、一時私もいろんな料理に挑戦したのですが、

食費が膨大になるし、一人分では材料は使い切れないしで挑戦は少なくなりましたね。

結局最後は炒め物かスープ系になってしまう。

残り物でもちゃちゃっと映え料理が作れるようになりたいです‼

誰か私に救いの手を。。。

 

銀行員が現金を捨てた話

今週のお題「忘れたいこと」

酒呑みの私には酒の失敗は数えきれないくらい有り、

その度に「もうお酒はやめるッ!」と思うのですが、

すぐに忘れて翌日には呑んでいます。

そんな脳天気な私にも忘れられない出来事があります。

 

他人のお金をゴミ箱に捨てた

何十年も前の私が25歳の頃の話です。

私は東京にある金融機関で働いていました。

お金を扱う仕事の私が、間違って現金をゴミ箱に捨ててしまった事があります。

しかも他人のお金を。。。

思い出すだけで鳥肌が立ちます。

 

インドネシアルピアが事件の始まり⁈

当時、外国為替の業務をしていて、外国通貨の買取りも担当していました。

米ドルや英国ポンドなど、よく使われる通貨なら店頭ですぐに日本円に交換しますが

発端となったインドネシアの通貨であるルピアは、お客様から一旦お預かりし

当時は東京にあるインドネシアの銀行に買取依頼をしていました。

 

ある日、インドネシアルピアの買取りを依頼し(持って行く専任の男性がいました)

交換した日本円の現金を持ち帰って来るのを待っていました。

お客様に入金するオンライン作業の期限は16時でしたが、

時間が迫っているのに男性が帰って来ない為、上司に報告しました。

日本円でいくらになるのかは解っていたので、その上司が一時立て替えてくれて

その後の作業を進めるよう指示されました。

上司の指示に従い自分のデスクに戻った時、ちょうど専任の男性が戻って来ました。

持ち帰った現金を持ってバタバタと店内を走り、お客様への入金も無事に完了し

一日の仕事も終わってホッとしたのは夕方5時を過ぎていました。

そこで上司が言いました。 「立て替えた私のお金はどうした?」と。

 

ゴミの山を漁る銀行員

上司に声を掛けられて、えっ⁈と思いましたが、どうしたか全く記憶がありません。

デスクの中など、あらゆる場所を探しましたが見つかりません。

    まさか、捨てた⁈

店内のゴミはお掃除の方が集めてくれた後で、ゴミ箱は空っぽです。

そこで手の空いている人を集めて、ビル地下にあるゴミ集積場所に行き

山になっている紙ゴミの中をみんなで探しました。

紙ゴミだけの山なので臭いが無かったのは幸いでした。

どのくらい時間が過ぎていたでしょうか、封筒に入った現金が見つかりました。

    奇跡です!!!!!

 

金融の仕事を辞めて

その後しばらくして勤めていた金融機関を退職しました。

現金を捨てた事が退職の理由ではありませんが、今でも時々思い出して震えます。

当時の上司の顔も、封筒を見つけてくれた後輩の顔も、はっきりと思い出せます。

 

転職した先でも何かとお金にまつわる仕事が多かったですね。

銀行員が現金をゴミ箱に捨てたなんて忘れたい出来事だけど、

その失敗は私の成長にも役立っている・・・と思いたい。

現金その場限り! 入社前の研修で教えられた言葉です。

キャッシュレスが進む現在でも、現金はしっかり管理します!

 

 

 

シニア女子 三人だけの同窓会

先日久しぶりに高校時代の友人二人と食事をしました。

私が移住してすぐにランチをしましたが、あれから一年以上ぶりの再会です。

今回は近くのホテル(と言っても高級ホテルではありません)の

フレンチレストランでディナーをいただきました。

田舎でコース料理なんてオシャレ

まずは前菜二品「生ウニとビーツのムース」と「なんちゃら?サラダ」

前菜と聞くとワンプレートに盛られていると思ってましたが、一品づつでした。

オシャレですねぇ。高級感もあります。

生ウニとビーツはコンソメジュレで味付けされていたかなぁ⁈

f:id:lamicia:20211217155056j:plain

サラダは白身魚の上に香草が乗せられています。

一番下の白い物は何だったかなぁ⁈(グルメレポート失格です!)

f:id:lamicia:20211217161040j:plain

 

「鮭のムニエル」

ほうれん草ソースの上に鮭のムニエルとイクラと香草が盛られています。

友人の一人は「人生で初めてイクラを食べた」と言っていました。

シニアになるまで生きていて初めてとは、今宵はイクラ記念日”にしましょう(笑)

f:id:lamicia:20211217155200j:plain

 

「本日の魚介料理」

真鯛のグリルですね。この辺りは海が近いので、お魚がとても新鮮で美味しいです。

薄塩でとっても上品なお味です。

白ワインによく合いました。

f:id:lamicia:20211217155216j:plain

 

「本日の肉料理」

たぶん蒸した豚肉にバルサミコ酢ベースのソースが掛かっています。

香草は私が大好きなルッコラでした。

この時私のナイフが全然切れなくて、いくら不器用な私でも絶対変だと思い、

友人のナイフと比べたらギザギザが付いていませんでした。

速攻お肉用のナイフに変えてもらい、事なきを得て美味しくいただいました。

f:id:lamicia:20211217155239j:plain

 

最後にデザートです。

全部たべちゃいましたが、デザートに関しては感想無しです。

f:id:lamicia:20211217155254j:plain

今回コース料理の他に、私はビールとグラスワインを2杯いただきました。

友人の一人が”ぐるなびクーポン”と”Go to eat券”を持っていたので、

一人6000円くらいでオシャレなフレンチディナーを堪能する事が出来ました。

めっちゃ!お得です。

 

デザートはいらない

さて、ちょっと余談ですが、私は前々から言い続けている事があります。

デザートに罪は無いのですが、酒吞みである私個人の意見は

コース料理にデザートは不要”と思っています。

仕事関係の宴会でよく利用していた「飲み放題付き○千円コース」というものには

必ずデザートが付いています。

しかし宴会がお開きになった後は、だいたいデザートは残っています。

だったらデザート無しで安くするとか、料理やお酒の質を良くするとかして、

デザートは食べたい人が個別で頼む方が無駄が無い・・・と思っています。

酒呑みの考え方だと非難されますが。。。

私も決して甘いものを食べない訳ではないのですけど。。。

 

三人だけの同窓会

お店の方に三人の写真を撮ってもらいました。

(顔を隠す写真編集が出来ないので、紙をPCに貼り付けましたぁ)

f:id:lamicia:20211217155445j:plain

近くに住んでいても二人には一年以上会っていなかったけど、

若い頃よく遊んでいた友とは、一瞬にして何年も前の関係に戻れますね。

あっという間に時間が過ぎてしまいました。

時々でも会える友がいてくれる・・・有難い事です。

また会う機会を設けて、お互いの生存確認をしていきたいですネ(笑)

 

私が空を見上げる時。。。

昔むかしの恋人を思い出す

かつて私は好きだった人を亡くしました。

もう何十年も前の事です。

二人別々の道を生きようとお別れしてから三年経った頃でした。

三年も経っていたのに、突然の訃報は強い衝撃でした。

f:id:lamicia:20211105165422j:plain

思えば彼は私という人間を、一段階引き上げてくれたと感じています。

お付き合いしていた期間は二年程だったと思いますが、

とても濃い時間を過ごしたと記憶しています。

年齢的には私も十分大人だったけど、彼に出会った事で少し成長したように思います。

f:id:lamicia:20211206162953j:plain

彼の葬儀が終わってしばらく経ったある日の夕暮れ、夕焼けがとても綺麗でした。

ベランダでぼんやりと夕日を眺めていたら、ポロポロと涙が落ちてきました。

月日が経ったら、みんな彼の事を忘れちゃうのかなぁ。。。

それからかな・・・綺麗な夕焼けを見ると、なんだか泣けてきちゃうのは⁈

f:id:lamicia:20211212150957j:plain

亡くなったかつての恋人を忘れられなくて、私が独り身な訳ではありません。

その後もお付き合いした方はいるし、縁がなかったというか、

選択を間違えたというか、私に欠陥があったのでしょう!

亡くなった彼も私の幸せを願っていてくれたと思いますが、、、。

でも○○さん、安心してください!

私は独り身でも決して不幸ではありません。

f:id:lamicia:20211206163002j:plain

私が空を見上げる時

亡くなった彼を思い続けてはいないのですが、思い出す事は多々あります。

行き詰った時、悩んだ時、悲しい時・・・そんな時は空を見上げて彼に問いかけます。

「あなたはどう思う?」と。

私を成長させてくれた彼に問えば、何か光が見えてくるのではないかと思うのです。

f:id:lamicia:20211212153203j:plain

何日も何度も空を見上げていると、だいたい同じ結論に行きつきます。

「小っちゃい事だ!!」

地方に移住した今、空はもっと広く大きく遠くまで見渡せます。

思い悩み考える事も大切。前を向いて進む事も大切。そして祈り。

空は教えてくれている気がします。

 

 

f:id:lamicia:20211212153934j:plain

余談

子供の頃は雲を見て、いろいろと想像を膨らませたものです。

お魚に見えるだとか、象さんに見えるだとか、ソフトクリームみたいだとか。。。

今はそんな想像力が全部消えてしまったようです。

何物にも見えません(笑)

 

 

 

ラーメン屋のお鍋料理を家でやってみた

冬になるとお鍋料理が恋しくなりますよね。

お鍋料理は数々ありますが、私が出会って感動したお鍋があります。

ラーメン屋で出していたお鍋料理です。

ラーメン屋で呑む

まだ東京で働いていた頃、会社近くにラーメン専門店がありました。

こちらのラーメン屋はもちろんラーメンも美味しいのですが、

夜はラーメンのトッピングだけを、酒のあてとして提供してくれます。

なので小瓶紹興酒といくつかのトッピングで、同僚と時々呑んでいました。

 

ある冬の日、同僚と帰る道すがら残業後の空腹を満たすべく

「ビール&餃子&ラーメンでも食べて帰ろう」と、そのラーメン屋に入りました。

すると既に食べていた別のお客様が、お鍋を囲んで呑んでいるではないですか!!

メニュー表にも店内の貼り紙にもお鍋料理などありません。

恐る恐る店員さんに聞いてみると、ラーメンスープで鍋を提供していると言うのです。

へぇ~⁈と思い、そのお鍋料理を注文してみました。

 

スープ ⇒ ”塩ラーメン”のスープ

具材 ⇒ 豚バラ薄切り、キャベツ、人参の薄切り、もやし、きくらげ

たしかこれだけです!! なのに絶妙に美味しい。具材も追加注文出来ます。

ラーメン屋でお鍋料理を提供するなんて、ナイスアイディアです!!

 

一通りお鍋を食べた後、そのスープにゆでたラーメンを入れます。

お鍋の野菜から出た出汁も相まって、非常に美味しい!!

普通の塩ラーメンの何倍も美味しい!!

 

その名はハッスルラーメンの”ハッスル鍋”です。

 

よしッ! 家でやってみよう!!!!!

東京を離れて約1年、間近に迫った冬に備えて久しぶりにハッスル鍋を作ります。

f:id:lamicia:20211206143144j:plain

ラーメン出汁はスーパーに売っている塩ラーメンの即席スープです。

具材はキャベツ、人参、椎茸、豚バラ肉・・・超質素です😅

f:id:lamicia:20211206143151j:plain

具材が寂しかったので、長ネギと豆腐も足してみました。

うん!うん! 即席スープでも充分美味しいお鍋料理になっています。

お店では出していませんが、柚子胡椒を混ぜて食べると、また違った美味しさです。

もしかしたら、この即席スープでモツ鍋も出来るのでは???

この日はビール&焼酎と一緒にいただき終了。

いつもの通り、お酒を吞んだら〆までたどり着けません。

翌日のラーメン

翌日の昼、残ったスープでラーメンを作ります。

私は太麺の方が合うのではないかと思っています。

生麺を指定のゆで時間より1分短くゆでて、残ったスープで残り1分をゆでます。

f:id:lamicia:20211206143159j:plain

 ↓ ↓ 出来上がり~。

f:id:lamicia:20211206143207j:plain

青ネギだけでトッピング無しです。
お鍋料理の〆ですから、むしろトッピングは不要でしょう。

が、豚肉と野菜から出た出汁でメッチャ美味しいんです。

 

懐かしの”ハッスル鍋”

最初出会った時の感動は今も忘れません。

東京ではいくらでも美味しいものはありますが、こんなナイスな料理は無いでしょう。

遠く離れた地方に移住して、家吞みならこんな感じで充分美味しいです。

でも本物の”ハッスル鍋”をまた食べたい気持ちになりましたね。